「こいなか-小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ」感想!

シナリオゲーか、ヌキゲーか、純愛ものかと聞かれると、
まさしくヌキゲーですね。

ラブラブえっちを中心としながらも、
ド変態プレイも盛り込んだ、
まさしく
「純愛系じゃ緩すぎて抜けないけど、でもあまり小難しい話はいらなくて、
特殊なプレイや激しいエロもあったほうがいいなぁ」
というわがままさんの心をピンポイントで射止めるゲーですね。これは。

でもこれって、今の大多数のエロゲーマーが求めている条件すべて
そろってるってことじゃないかなぁ。
そりゃぁ、人気出ますわ。

なんなんだろうね。
普通のエッチシーン(あまり特殊でないエッチシーン)でも、
他の作品に比べて段違いに感じるこのエロさは!

4-min

メイン2人のヒロインはもちろんエロインだけど(やかましいわ!)、
個人的には、いつもお調子者だけどエッチシーンで責められると、
しおらしくなるひびき(涼原ひびき)と、
オカエリ(岡崎エリナ)のかわいらしいSっぷり(意味がわからんと思うがやってみればわかるはず……)のギャップが最高に股間に響くわけです。
ひびきだけに(やかましいわ!)

いやぁ、優秀なエッチシーンが多すぎて、抜ききれないですね。
特に全ルート達成後のハーレムルートがやばかった。
まさに、「こうかはばつぐんだ!」

18-min

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a82-min

って感じ。

シナリオは小難しい話はないけど、
しっかりオチはつけていたというところが高評価です。

いくらヌキゲーといっても設定すべてすっとばされてたら
プレイ後に、もやもやとした感覚が残ることってありますもんね。

てなわけで、次回作「こいのす☆イチャコライズ」も期待しているわけであります。

ああ、夏の魔女のパレードが今週発売。
やりたい作品が多すぎるけどやる時間が……。
がんばろう……。

※このページでは eRONDO さんの著作素材を引用しています。
Copyright eRONDO All rights reserved.
※一部 SAGA PLANETS さんの著作素材を引用しています。
Copyright SAGA PLANETS All rights reserved.

「妹のセイイキ」感想!

学校のセイイキ が2016/10/28 発売ということで、
セイイキシリーズ、「妹のセイイキ」やりました。

まず起動して思ったのが、
「OP曲めっちゃ良くないですか?」ってこと。

かっこいいとかわいいが同居した感じで、
ゆかならしさがうまく表現されていてgoodです。
やってなくてもとりあえず曲だけでも聴いてみてよ聴いてみてよ。

シナリオはなかひろさんらしさが出ていて、
楽しく甘く、ほんの少し切なく、そのバランスが絶妙ですね。

あとこのシリーズは主人公が面白くてイイやつなので好感が持てる。
魅力的な主人公書くのって、重要なポイントだけど難しそう。
兄と妹という関係ならではの掛け合いが面白くうまく表現されているところが、
彼女のセイイキと差別化できているポイントの一つかなと思った。

15-min

オススメのエッチシーンは電話騎乗とアナルお仕置きです。
正直、途中までは彼女のセイイキと比べてしまって、
あれ?って物足りなさを感じてしまった。個人的には冬華が好きなので……。

ただこの作品、後半あたりから本気出してきます。
物語の核心に触れるのが後の方になるから、感情移入が最初の方はしづらかった。
彼女のセイイキの場合は序盤から主人公とヒロインが実はこういう秘密があるんじゃないかとか、こうゆう悩みがあるんじゃないかとか、それとなく匂わせるシーンがあった。
その部分が影響してるのかなーとか思ったり。

初めてセイイキシリーズやる方はとりあえず彼女のセイイキをやることをお勧めします。
妹好きの方はご自由にどうぞ。

僕は断然、冬華派なのですがゆかなもやっぱり可愛いですね。
学校のセイイキも楽しみです。

あっ、最後に自分が過去に書いた彼女のセイイキの記事のリンク、貼っておきますね。
http://okahitsuji.com/seiiki

※このページでは feng さんの著作素材を引用しています。
Copyright feng All rights reserved.
これらの画像、文章の転載はいけません。

「こいのす☆イチャコライズ」特製缶バッジが届いたよ!

「こいのす☆イチャコライズ」第一回Webキャンペーンの、
特製缶バッジが届いた。

15名ぐらいにタオルが当たるみたいなやつだったんだけど、はずれちゃって。
でも「タイトル公開よりすぐにご支援いただいた方に~」みたいなメール届いて、つい昨日到着。

にしても、抽選落ちた人への救済措置って大事よね。
そこまでしてくれたら「予約して買う」以外の選択肢がなくなるよね。

しかも、こいちゃの中で一番期待しているなつめだった。
ありがたや、ありがたや。

IMG_20160827_110158-min

※画像圧縮してるので荒く見えるかもしれませんが、届いたのはもっと綺麗です。

まだ公表されてないCVが気になる。
情報公開が楽しみです。

「ご主人様、メイド服を脱がさないで。」(ごしメイ)体験版感想!

「ご主人様、メイド服を脱がさないで。」体験版が公開されましたね。

体感でだいたい3時間ぐらいかな?早い人は2時間ぐらいだと思う。
あと体験版にも関わらず、エッチシーン各ヒロイン1~3回あって多かった。
気になっている人は体験版、やりましょう。

kakaoさん原価の作品とかやるしかないでしょうってことでプレイ。

ブログ用6-min

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っーーーー!!!」
快楽天でガンガン活躍されていることもあって「どちゃシコえろい」でございます。

シナリオはいろいろすっとばして、エッチまでの展開がめちゃくちゃ早い。
フルプライスにあるまじき早さ。

what02_new001b

早すぎ。

エロゲ定番のヒロインが主人公を好きになる過程とか、
特急快速で通り抜けます。

各ヒロインの人間性や生い立ちとか心情描写とか、
もちっと丁寧にしてくれたら感情移入しやすいんだけどなーって感じ。
せっかくキャラクターかわええのに……。よよよ……。

製品版で修正あるかな?
この段階でないと思うけど、もしあったらうれしいな。

個人的には、リカと可憐が好き。

ちなみに、タイトル画面からCGやエッチシーンの回想は見られないので、
(※この時点では体験版 ver1.01なので変更されるかもだけど )
再度見たいシーンがあれば、その都度セーブしておくといいでしょう。

※このページでは MORE さんの著作素材を引用しています。
Copyright MORE All rights reserved.

「ハメ得★おりこうJKペット葉月&綾音~学校で性春!~」感想!

Pin-Pointさんの作品。
いやー。とんでもないタイトル。

toppic0-min

 

しかも起動したときに声優さんがこの題名言うのよ。
それだけで笑えてくるよね。

声優さん「ハメ得★おりこうJKペット! 葉月&綾音! 学校で性春!」

……。

なにやってんだ、おれ?って一瞬フリーズするよね。

まあ、いいのよそこは……。

では、簡単ですが感想。

始まってからHシーンが始まるまで早い。
「俺は時間ねえんだ、とっととHシーンだけ見せろ。
ヌキゲーだけにとびきりエロいやつをなぁ」

ってひとにピッタリですね。

なんかこう、ヌキゲーといっても、堕ちるまでの過程を楽しむって類のものではなさそうですね。
割と即落ちでした。

オススメシーンは飲酒泥酔カラオケ。
やっぱ学園モノのヌキゲはこれが楽しいよねー。
あと声優さんの演技も良し。
久しぶりにハートマークいっぱいの隠語爆発テキストを見た。

キャラクターは、
葉月(ツンツンしている気が強いほう)と、
綾音(おとなしくて気が弱いほう)がいて、
個人的には綾音が好きでした。

今作は葉月のほうにスポットライトがあたっていて、
前作の「ハメ得★おりこうJKペット綾音&優菜~学校で性春!~」
のほうで綾音ちゃんの活躍(?)が見られそうなので、そっちもやるしかないって感じ。

「わーい、おかひつじ、気が弱くてエッチな女の子、気が弱くてエッチな女の子、大好きー(変態)」

いやね、安くて良いものが一番売れるとかよく言うけど、
アダルトゲームの場合安くてエッチなのが一番売れるよねーって真理だと思う。

もちろんOPが凝っていて、
シナリオも最初から最後までじっくり読ませるフルプライスのエロゲは、
作品として完成されているし、後に語られる名作はこっちのほうが多いと思う。

ただ、お金も時間もない現代人は、
これからもっとロープライス、短時間、エッチメインに寄ってくると思うんだよね。
「あの大手のブランドがロープラ作品で勝負するなんて! 」って時代も近いかもしれない。

まあ、フルプラもミドルもロープラもバランスよく楽しんでいきたい所存です。

※このページでは Pin-Point さんの著作素材を引用しています。
2016 ピンポイント / Pin-Point all rights reserved.

福岡県のオタク街、天神に行ってきたよ!

久々に東京から実家に帰って、そのまま九州一の都会、福岡県へ。
んで、博多区や天神あたりを歩いてみた。

地元が九州の田舎でオタクに厳しい環境。
でもずっと東京にいるかというと悩むところで、
家族みんな九州いるし親の面倒も見ないといけないなーとか、
とはいえ、仕事の都合とかもろもろの事情で東京に住んていたいなーとか、
いろいろ考える。

まあ、住むところが変わってもオタクとして生まれてきたからには、
オタクであることは止められない。
ということで、東京の次に移住の可能性がある福岡県のオタクショップを見てみようかなと思い立ったわけです。

●とらのあな 福岡店
中央区天神のビルの2階にある、おなじみとらのあな。

s_IMG_20160815_135705-min

入った第一印象は、横に広い。
あたりまえだけど、縦に積み重なる建物の東京に比べたら横に広い。
あたりまえだけど。

ひととおり大手サークルの同人誌とかそろってた。
同人誌メイン、エロラノベ、漫画系も充実してた。
同人メインに比べれば商業はR18、一般含めだいぶ少ない。

商業作品はアマゾンでも、店舗でも探せばあるし、
自分は同人作品が充実してれば問題なし。

ちょうど裏手に評判のラーメン屋、shinshinがあったけど、
昼3時にもかかわらずめっちゃ混んでて行けず。残念。

少しだけですが購入。
(画像見づらいのは勘弁してください)

s_IMG_20160815_194152-min

●メロンブックス 福岡店

とらのあなの近くにメロンブックスあり。ビルの4階。
単純な同人誌と同人ゲーの多さではとらよりも多かった気がする。
他のオタクたちの導線を見ていると、
とらのあな → メロブ ではしごしてる人もちらほら。

s_IMG_20160815_145826-min

とりあえずメロブ行けば大体の同人作品はそろうかなーといった印象。
ただ、とらのあな専売とか、逆にメロブしか置いてない作品もあったので、
せっかく近くにあるし、はしご前提が正解なのかなーって思った。

福岡はまんだらけとかゲーマーズとかもあるけど行かなかった。
自分は同人作品メインで品揃えがあればいいのと、
あとは暑さでダウン。九州の夏の暑さ、異常だと思う。

天神まで足を運べば、同人誌と同人ゲーなら困らないかなーと思う。
グッズ系、イベント系にこだわらない人であればやっていける気がする。

以上っす。
こっから下はオタク関係ない自分語りになります。
興味がある人がいたら読んでください。

こうゆう遠くに泊まりに行くようなときには、自分なりのこだわりがあったりする。
荷物は最小限に、疲れたら予定を取り消して自分のペースで歩く。

大体旅行に行くときは、財布、鍵、パスモ、充電器など最低限必要な小さいものと、パソコン(11インチで極力安くて軽いやつ)だけ持っていく。
今この瞬間も旅行先からパソコンをカタカタやってブログ書いてる。

着替えは下着とか荷物にならないものは持っていくこともあるが、
現地でユニクロや無印良品があれば、
持っていかずにその場で買うようにしてる。

荷物が多いとか、重いとか旅の負担になることは極力避けたい。
リュック一つでどこでもいける。
せっかく旅行するならそんな気持ちでいたい。
日常から距離を置くことのできる貴重な時間は極力シンプルがいい。

あと、無理していろんなところをまわることはしないようにしてる。
自分は足を痛めやすいので、途中途中でコーヒーショップに入りながら、
体力と足が回復したら次の場所へ。
疲れたら早めにホテルで本を読んだり、ネットしたり、趣味の小説書きをしたりする。

できるだけ多くの場所をまわろうとか体験しようとすることよりも、
自分にとっての旅行は日常から距離を置いて自由になるとか、
じっくり考え事ができるとか、そういったことを大事にしている。
それができるのが一人旅のいいところだと思う。

あとはリュックもこだわりがある。
・大きすぎないけど、ある程度の荷物が入る余裕があって、
・ペラペラの生地ではなく長く使えるように丈夫に作られていて、
・適度に収納スペースが区分けされていて(PCが安全に収納できるスペースがあればなお良し)、
・メッシュ素材など汗が乾きやすいとか、飲食店などのにおいが付きにくいもの
といった感じ。

リュックに関してはちょっと高いお金を出しても、
貴重な旅をサポートしてくれると思えば安いもの。
せっかくなら長く戦える相棒と一緒の旅がいい。

今使ってるのがこれ。
前使ってたのは別のリュックは7年間愛用ののち、内側がボロボロになってしまった。

s_IMG_20160815_204223-min

リュック一つとノーパソだけあればどこでだって仕事できるとか、
創作活動できるとか、そういうのが理想。そうなると楽だなーっていつも思う。

そういえば、自分のこと何にも書いてなくて、
「コイツの素性、どこにも書いてないからわからん」
みたいになりそうだし、単純に自分が感じたことを書き留めておきたいこともあって、エロゲの感想以外の部分ではちょくちょく、こういったことを書くかも。

お盆の時期ですし、帰省している人はゆっくりと過ごしてください。
旅に出ている人は良い旅を。

最近買った同人作品(男の娘ハーレム……など)

●最近購入した同人作品
・男の娘ハーレム ~ご主人様♪私たちのメス化アナルをお召し上がりくださいませ~ (エロゲ)

・おねえさんが可愛がってあげる2 (同人音声)

どっちも同人ショップで買ったんだけど、
男の娘ハーレムは同人作品じゃなくて商業のロープライスかも。

なんかそこらへんの区別って難しい。
たまにどっちかわからんのがあったりする。
(※後で調べてみたら商業でした。大変失礼しました 2016/8/15追記)

 

◆男の娘ハーレム
そこらの商業エロゲよりも段違いでエロかった。
あと絵が好み。
ただCGは可愛いんだけど、立ち絵で違和感を覚えたのは俺だけ?

3人の男の娘ハーレムものなんだけど、
小悪魔系男の娘である「凛」のエロさが、他のヒロインに比べて圧倒的。飛びぬけている。

そう!その反応!確かに進○ゼミで見たやつだ!

ブログ用5-min

あとやけに発射の時の効果音とか激しかった。
ちょっと大げさなぐらい。
そういうのが好きな人はいいんじゃないでしょうか?
ヌキゲーならこれぐらいでちょうどいいかなって感じかな。

2,000円ぐらいのロープライス作品の中では、
予想以上にエロかったので満足。

 

◆おねえさんが可愛がってあげる2

お姉さん

音声作品です。
イヤホン(ヘッドホン)の準備はいいかい?

これ聞いてる間ずっとニヤニヤしてた。
音声の奥行きがあって、
絶妙なタイミングで近づいてきて耳元でささやく感じとか、
クオリティの高い音声作品だなーって思った。

ただ若干通常の音声に比べてエッチシーンに入ってからの音量が小さいかなとも感じた。演出かもしれないけど。
まあ、極端に気になるほどではないです。

 

●まとめ
同人ショップの発掘作業って楽しいよねー。

商業作品にはないとがった作品が多いし、
なにより基本ロープライスだから買いやすい。

※このページでは Miel さんの著作素材を引用しています。
(c)Miel All rights reserved.
※このページでは Garden of Pleasure さんの著作素材を引用しています。
Copyright (c) がーでんおぶぷれじゃー All Rights Reserved.

「ビッチなあの子は箱入り娘?」のモーションコミック版が50%OFFってまじか。

同人ショップ漁ってて知った、
lyricbox(リリックボックス)っていう作家集団?があるんだけど、最近気になってる。

「ビッチなあの子は箱入り娘?」っていうCG集を買ったんだけど、結構好みだった。
んで、公式サイト見て、モーションコミック版がDLsite.comで販売されてた。

絵がかわいいなーって、好きなシチュエーションだなーって、
なんとなく買ったんだけど、それがモーションコミック版だとぬるぬる動いてて
声優さんの声もかわいくていい感じだった。

しかも今(2016年8月現在)50%OFFやってて、CG集よりも半額ぐらい安い値段だし。
600円~700円って、エロラノベと値段変わらんやん……みたいな。

いやぁ、最近の同人ソフトのクオリティってすごいなぁと思った次第です。

フローラル*フローラブ(フロフロ)感想!※製品版

フローラル*フローラブ(フロフロ)感想です。

ヒロインごとに書いていこうと思いますがまず言いたいのは、
前作や前々作よりも明らかにパワーアップしたサガプラ作品でした。

自分の攻略順は、
アーデルハイト⇒夏乃⇒七緒⇒こはね⇒愁⇒莉玖 の順でした。

自分の好みのシナリオの順は(右に行くほど好き)、
アーデルハイト⇒こはね⇒愁⇒七緒⇒夏乃⇒莉玖 の順です。

●アーデルハイト
王位継承問題が物語のキーとして展開していきます。
王位継承、政略結婚、それに幼少期からの関係。

アーデルハイトは、柾鷹が婚約者として、勲爵士(ナイト)として接するも、
恋人として見てくれないことに対し積極的なアプローチします。

「普段いつも寝てばかりのアーデルハイトがこんなに頑張ってくれてるのに、
この鈍感主人公は!」っと思わず張り倒してやろうかと思いましたが、
その分アーデルハイトのかわいい姿が見られたので帳消しにするしかありません。
※特にぬいぐるみ被っているシーンは必見です。「がうー、熊です! 食べますよ?」

ブログ用21-min

 

●夏乃
すべてのヒロインの中で飛び抜けて優遇されているシナリオだと感じました。
さすが、メインヒロインです。

柾鷹の幼少期の環境、家庭環境の違いから生じる摩擦が丁寧に書かれています。
その摩擦を乗り越えるシーンは主人公かっこよさがもはやここがピーク?クライマックスな場面。

身分違いの恋という普遍のテーマでしたが、
飽きることなく見ていられるというか、むしろこの作品で一番面白いと感じたルート。
個人的には他のヒロインよりも後に攻略することをオススメします。

●七緒
一番の幸せエンド。

俺、七緒と一緒にお菓子屋さん始めます。
おい、柾鷹。そこ代われよ。

ブログ用37-min

七緒の家庭環境がキーになります。
七緒はお菓子づくりを続けたいが、
経営者である母は批判的な見方をしてしまう。

また、父(サワキ)は柾鷹とも重要な関係。
七緒はどのような道を歩むのか、お菓子づくりを夢にするなら母を説得できるのか、
そして柾鷹の将来は?
2人がどのような未来をつかんでいくか、
家庭環境の問題をいかに解決するかの王道ストーリー。

七緒はツンツンしているけどめちゃくちゃいい子なんですよ。
特にラストの自分の夢を母親に語るシーンに胸を打たれて、
私の中のフロフロヒロインNo.1 が確定しました。

●こはね
最初で最後のデ○ンネモーセが役に立ちます回。
起こったモーセ失踪事件。
モーセがいたのは家庭に事情のある少女のところでした。
そして、こはねも同じように家庭に事情があることも明らかになり……。

シリアスもありますが、基本はこはねさんとのイチャラブを楽しみましょう、以上。
おっぱいの極みを堪能してください。
すごくいい子なんですけどつけ入るスキがなさそうというか、
エロゲーマー的にはあまり人気が出にくいキャラクターの様な気がします。
でも、終盤の花火が打ちあがるシーンはこはねさんも花火も綺麗でした。

●愁
シスターでありながら、柾鷹に対して特別な感情を抱いてしまった!
いけないと思いながらも、あなたが大事なの!っていうルート

イケナイ恋だからこそ燃え上がるってやつですね。
正直好きですよ。こういうの(ゲス顔)

シスターであり続けながら、好きという気持ちもあきらめない。
現実的ではありつつも、2人にとって適切な関係を築いていていく物語。

●莉玖
グランドルートです。
何人か攻略した後でタイトル画面に表示されました。

一番の目玉ルート。
ってかこのルートやらなければフロフロやったことにならないだろうというレベルの重要度。
守護天使とはなんだったのか、莉玖とはどんな存在か、利成の生き方がクローズアップされるが、柾鷹はどう生きるのかなど。全てが明らかになるルート。

ここはネタばれなしです。
ただ全ルートの中で最後にふさわしい完成度で、
締めくくられていたことは間違いないと思います。

●総評
序盤宗教の話が多く出てきたので、
変なところで無駄にシリアス展開を入れてくることを懸念しましたが、
その心配はなさそうです。

序盤以降はあまり複雑には膨らんだりはせず、
グランドルートへゆるやかにたどり着く感じといったところでしょうか。

エロゲーマーのほとんどが手放しで素晴らしかったというの作品かどうかは、
わかりませんし、そこまで好きになれなかったって人もいるかもしれません。

ただ言えることは、シナリオは丁寧にまとまっており、それぞれのキャラクターがわかりやすく、掛け合いも自然。全体的な完成度は非常に高いです。広く受け入れられることはあっても、極端に拒絶反応を示す人は少ないと思うのですがどうでしょうか。

しばらくは他の人のtwitterやブログの感想を読んでみようかな。
どんな感想なのか気になるところです。

※このページでは SAGA PLANETS さんの著作素材を引用しています。
Copyright SAGA PLANETS All rights reserved.

bootUP!の新作「ままはは」発売前に「はにつま」の魅力でも語っておこうか。

bootUP!の新作「ままはは」の発売(2016月9月23日(金))の前に、
前作「はにつま」について。

●OP曲
『PROPOSE~永遠に君と~』 I’ve sound
透明感のあるきれいな曲です。
ちなみに、ままははでは、solfa feat.佐咲紗花 とのこと。
佐咲紗花さんの歌好きだから期待してる。

●ヒロイン
美里さんがかわいい。
やっぱこのブランド、魅力的なおばさんを表現するのがうまいなぁと思いました。
これからも魅力的な年上キャラを出してくれることを期待。

ブログ用42-min

 

落ち着いた雰囲気の中に潜む、年の差から生じる自信のなさ。
それをうまく表現できているのが青葉美里というキャラだと思う。

あと委員長もよい。
というか、年上キャラがよい。
大人びたキャラクターをほんとに魅力的に書く(描く)なあ。

ブログ用44-min

 

この子は……。
うん……。

やっぱ紹介しなくていいかな。

●シナリオ
王道ですね。

Hシーンは多かったですが、
欲を言うともっと特殊なプレイとかもあったらよかったなー。
コスプレとかもあったけど、同じようなシチュエーションを
他のキャラでも使いまわしているように感じがしたので、
次回作ではその部分がよくなっていることを期待。
そのキャラクターにしか表現できない魅力の、
エッチシーンがそれぞれにあるはずだと思うので。

背景もきれいで、雰囲気も好きなので、
9月の新作がどんな作品になるのか、非常に楽しみ。

※このページでは ブートアップ さんの著作素材を引用しています。
-(C)ブートアップ ALL Rights Reserved –