まいてつ-ハチロク(8620)ルート感想

正直申し上げます。
やる前は、

「鉄道とかわからんしなぁ。」
「鉄オタしか楽しめないんじゃないの?ノリについていけんのかなぁ?」
とか思ってました。

いえ、断言します。
「エロゲ史上で語りつがれるであろう名作になる」と。
(まだ全ルートやってないので、「であろう」をつけてます)

※とりあえず、ハチロクルートでの感想です。
他のルートやったらまた考え方は変わるかもなぁ。

●まいてつはこんな人にオススメ
・オタクならやろう!(ドン!)

・・・っと投げやりですが、
鉄道詳しくなく、ロリにあまり食指が動かなかった自分でも
大満足だったのでね。しょうがない。

・E-moteを体感したい。
・鉄道関係の知識がある(なくても楽しめる)
・ちっちゃい子が好き
・丁寧でしっかりつくられたシナリオの作品がやりたい

※これから下は、ネタバレいやな人は回避でお願いします。
(ネタバレベル:小   ※感じ方には個人差があります)

※ちなみに
このページでは Lose さんの著作素材を引用しております。
Lose – Digital Novel Brand – Copyright 2015 All rights reserved.
これらの画像、文章の転載はいけません。

まず最初に思ったのは、
「めっっっちゃぬるぬる動くやんけ!」
びっくり。

立ち絵、イベントCG、HCGすべてがE-mote
という衝撃は圧倒的です。

もうね、E-moteなしでエロゲ、やれないと思います。
それだけ違和感なくスムーズに動きます。

さらにわたしが関心したのは、↓

4わからない用語は説明してくれます。さすが!-min

わからない用語はクリック一つでわかりやすく説明してくれます。
これは素晴らしい配慮だなと。
専門用語でよくわからない用語がでてきて、
解説もなしだと正直苦痛ですからね・・・。

これのおかげで、
鉄道とかまったく無知の私でも物語に引き込まれますね。

7-min

九州の方言っていいよね。
なまりが自然過ぎて(特に真闇)、九州出身でもびっくり。

クイックセーブとかクイックロードに
あたる機能がないのも印象的。
選択肢自体がほぼないと言っていいぐらい少ないので、これも当然か。

「エアクラという乗り物が一般化した(するであろうのほうが正しいか)世界。
その中で、鉄道が果たせる役割は・・・」という
ところから物語が動きだします。

11-min

目的は、エアクラ工場誘致撤回。
鉄道復権はその手段の一つだが、
目的までの道のりをどのような方法で、
アプローチしていくかでルートが変わります。

ハチロクルートでは主人公の右田双鉄が、
機関士としてハチロクと奮闘する話。

煙害、台枠の損傷(ゆがみといったほうが正しいか)、
右田双鉄が遭遇した過去の鉄道事故、、、。
困難に立ちむかい、事実を受け入れ、乗り越えていく。
ストレートですが、心にじんとくる、そんな印象をいだきました。

でももしかしたら、
鉄道関係の専門用語が出てくるこの作品は、
その分野の理解があまり深くない人は(自分も含め)、
やっている内にしんどいと思うかもしれない。
また、コメディ的なわいわいとした(ストレートに笑いを狙った)
掛け合いは比較的少ないと感じた。

ただ、そんな自分でも楽しめたのは、
文章自体も丁寧なのはもちろん、
「本当にシナリオに重要な部分だけを、しっかりと取り扱っている」
からなのかなと。
本当に、完成度が高く、まとまりがある。
終わりは気持ちよく。

プレイ後の今も、
のんびりとした、ふわふわした幸福感に満たされて。

春エロゲやろうよ!-春風センセーション!でE-moteなしではいられない体になってしまった件。

春、桜、入学、卒業、、、
と暗い青春時代を過ごしてきた私にはツライ季節がやってきます。
(いやだいやだ聞きたくない・・・。)

それはともかく春を一足先取り。
ということで、春っぽいエロゲ。

●春風センセーション!はこんな人にオススメ
・春っぽいエロゲがやりたい
・変なシリアスは苦手、のほほんといちゃいちゃしたい
・「E-mote」のエロゲがやりたい
・好きな声優さんがいる
(榊原ゆい、夏野こおり、くすはらゆい など声優陣がいいです)

わたくし、初のE-moteです。
E-mote童貞です。

※E-moteとは
超ざっくり言えば、
イラストに立体的な動きがつけられる技術およびツールの名称のこと。
(合ってるかな?)

E-moteと言ったらどみる。
ということで「春+E-mote」で春風センセーション!です。

※ここからはネタバレ注意

※このページでは Windmill/ARES さんの著作素材を引用しています。
(c) Windmill/ARES Inc
これらの画像、文章の転載はいけません。

しょっぱなから露骨にファンタジーのにおいがしますね。

2しょっぱなからファンタジーのにおいがしますね。-min

ああ、幼いころの記憶の男の子に幻想を抱いていて、
再開した人がその子だったらいいなパターンだ!

4物語が始まる-min

携帯電話の扱いに苦労する主人公。
そこで五十鈴が登場。

5新たな出会い-min

あ、巫女だって。これアナルあるやつだ(エロゲ脳)。
7あ、これあなるあるやつだ-min

この(↓画像の)メッセージウィンドウの、「まるっこいデザイン」が好き。
あと淡い色合いが素敵でちょうどいい。背景とマッチして綺麗。
「まどそふと」とかもおなじ感じの印象。
こういう細かいところに好感を抱くタイプなのです。

8まるっこいデザインが好き。-min

人間界で使用される道具のほとんどが、
精霊力で稼働していますとかなんとか説明されますが、
ここらへんは物語には特に深く関わってきませんし、
深く考えなくていいでしょう。

なんかアナルみたいな「×」マークの口。
アナルみたいな口の毒舌メイド好き。

10アナルみたいな口-min

ツッコミのセンスが良すぎて、
この作品のキャラの中では一番五十鈴がすき。
声優くすはらゆいだし(重要)。

14ああ、、、好き-min

ほんと何なんだこのアナルみたいな口。↓

22こいつもアナルみたいな口の形してるぜ-min

そうか、そのアナル口でか。

27そのアナル口でか-min

日常シーンの会話ほんと面白いわ。

23会話シーンが面白いわ-min

 

話の展開で途中のカットの絵柄も変わる。
この細かい気遣いがいいね!

38-min

38細かい-min

41そしてこの表情である(細かい)-min

E-moteとか言って全然うごかないやんけ。
とか思ってたけどHシーンに入ってびっくり。

え!めちゃくちゃ動くんだけど!
めっちゃ呼吸してる息遣いが感じられるんだけど!
ここまで自然に動くとは思わなかった。
(残念ながら画像では伝わらない。)

44めちゃくちゃ動くんだけど!-min

はるかが可愛すぎて死ぬゲー。
動くし、カメラワークがよすぎ。
会話するとき顔にアップするの非常に良い。

45-min

めちゃくちゃおっぱいと表情動くんですが、、、。
瞳も髪もぬるぬる動きます!

1人クリアするとめっちゃおまけが増えます。
後日談がみられるのはいいですね!

っていうかこの作品の良いところは、
そのおまけもHシーンまで手を抜いていないところ!

48-min

一言でいうと、
非常にユーザーから見て「好感度の高い作品」だと思う。

シナリオは、変なシリアスや胸くそ展開が一切ない。
あと細かい部分で丁寧に作られている。
そんな印象をいだきました。

※おまけ
E-mote 関連なんだけど、
3月26日に出るまいてつやばくないですか。

以下公式HPより、
シナリオ量:4M程度
CG数:110枚程度(内HCG50枚)
BGM数:40曲程度
ボーカル曲:12曲
E-mote:立ち絵、イベントCG、HCG全てE-mote採用

「立ち絵、イベントCG、HCG全てE-mote採用」 だと!!!!

立ち絵とイベントCGすべてとはいやはや恐れ入りました。
んなわけで非常に楽しみにしている作品でございます。

サクラノ詩、過去編以降の怒涛の展開にやられた!

いやぁ、長かった・・・。

そして素晴らしかった。

丁寧なシナリオと、音楽も雰囲気に合っているし、
過去編以降で序盤から中盤の伏線はきちんと回収されている。
まあ、それだけ丁寧だからこそ、このボリュームともいえるのか、、、。

※物語はI章からVI章までに分かれています。
I章、II章、III章(各個別ルート)があり、IV章が過去編。
以下、IV章以降。

15-min

過去編(水菜ルート)は序盤のあの言葉が心に沁みます。

そして、過去編では長山さんが、
まさかの大活躍。
誰も予想できなかったでしょ。これは。

16-min

20-min

物語の超キーパーソンじゃないですか、、、。
なぜ攻略できないんだ、、、。

22-min

水彩画対決も名シーンの一つ。

そして再び彼女が、、、。

31-min

33-min

主人公が明石先輩のあの言葉を。
ほんとこの場面はしびれました。

36-min

37-min

続編「サクラノ刻」も楽しみ。

※このページでは ムーンフェイズ株式会社 の著作素材を引用しております。
Copyright (c) MAKURA. All rights reserved.
これらの画像、文章の転載を禁じます。

ナツイロココロログ体験版感想!

厳密に言えば体験版っていうのはなくて、
ブラウザ上で動くインプレッショントライアルっていうやつ。

キャラクター紹介ぐらいの内容なので、
時間をかけずに空いた時間でさくっとできます。

ストーリーは電脳世界が関わってくるらしい・・・。
まだ今の段階では詳しい内容についてはわからないですね。

現実世界と電脳世界では、性格や姿が変わるところみ興味をひかれます。

現実世界
常盤久遠-min


電脳世界
クオン

現実世界
臣苗鈴-min


電脳世界
リン

現実世界
名城綺新-min


電脳世界
キサラ

現実世界
七国小都音-min


電脳世界
ライ2

個人的には七国小都音(ライ)が一番気になりました。
後輩、無口、オッドアイ、電脳世界では真逆のキャラ。

属性詰め込み感はありますが一番好きです。

あと、原画が白もち桜さん!
ということもあり発売が楽しみです。

※このページでは Hearts/AMUSE CRAFT さんの著作素材を引用しています。
(c)2016 Hearts/AMUSE CRAFT
これらの画像、文章の転載はNGです。