「こいなか-小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ」感想!

シナリオゲーか、ヌキゲーか、純愛ものかと聞かれると、
まさしくヌキゲーですね。

ラブラブえっちを中心としながらも、
ド変態プレイも盛り込んだ、
まさしく
「純愛系じゃ緩すぎて抜けないけど、でもあまり小難しい話はいらなくて、
特殊なプレイや激しいエロもあったほうがいいなぁ」
というわがままさんの心をピンポイントで射止めるゲーですね。これは。

でもこれって、今の大多数のエロゲーマーが求めている条件すべて
そろってるってことじゃないかなぁ。
そりゃぁ、人気出ますわ。

なんなんだろうね。
普通のエッチシーン(あまり特殊でないエッチシーン)でも、
他の作品に比べて段違いに感じるこのエロさは!

4-min

メイン2人のヒロインはもちろんエロインだけど(やかましいわ!)、
個人的には、いつもお調子者だけどエッチシーンで責められると、
しおらしくなるひびき(涼原ひびき)と、
オカエリ(岡崎エリナ)のかわいらしいSっぷり(意味がわからんと思うがやってみればわかるはず……)のギャップが最高に股間に響くわけです。
ひびきだけに(やかましいわ!)

いやぁ、優秀なエッチシーンが多すぎて、抜ききれないですね。
特に全ルート達成後のハーレムルートがやばかった。
まさに、「こうかはばつぐんだ!」

18-min

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a82-min

って感じ。

シナリオは小難しい話はないけど、
しっかりオチはつけていたというところが高評価です。

いくらヌキゲーといっても設定すべてすっとばされてたら
プレイ後に、もやもやとした感覚が残ることってありますもんね。

てなわけで、次回作「こいのす☆イチャコライズ」も期待しているわけであります。

ああ、夏の魔女のパレードが今週発売。
やりたい作品が多すぎるけどやる時間が……。
がんばろう……。

※このページでは eRONDO さんの著作素材を引用しています。
Copyright eRONDO All rights reserved.
※一部 SAGA PLANETS さんの著作素材を引用しています。
Copyright SAGA PLANETS All rights reserved.

「妹のセイイキ」感想!

学校のセイイキ が2016/10/28 発売ということで、
セイイキシリーズ、「妹のセイイキ」やりました。

まず起動して思ったのが、
「OP曲めっちゃ良くないですか?」ってこと。

かっこいいとかわいいが同居した感じで、
ゆかならしさがうまく表現されていてgoodです。
やってなくてもとりあえず曲だけでも聴いてみてよ聴いてみてよ。

シナリオはなかひろさんらしさが出ていて、
楽しく甘く、ほんの少し切なく、そのバランスが絶妙ですね。

あとこのシリーズは主人公が面白くてイイやつなので好感が持てる。
魅力的な主人公書くのって、重要なポイントだけど難しそう。
兄と妹という関係ならではの掛け合いが面白くうまく表現されているところが、
彼女のセイイキと差別化できているポイントの一つかなと思った。

15-min

オススメのエッチシーンは電話騎乗とアナルお仕置きです。
正直、途中までは彼女のセイイキと比べてしまって、
あれ?って物足りなさを感じてしまった。個人的には冬華が好きなので……。

ただこの作品、後半あたりから本気出してきます。
物語の核心に触れるのが後の方になるから、感情移入が最初の方はしづらかった。
彼女のセイイキの場合は序盤から主人公とヒロインが実はこういう秘密があるんじゃないかとか、こうゆう悩みがあるんじゃないかとか、それとなく匂わせるシーンがあった。
その部分が影響してるのかなーとか思ったり。

初めてセイイキシリーズやる方はとりあえず彼女のセイイキをやることをお勧めします。
妹好きの方はご自由にどうぞ。

僕は断然、冬華派なのですがゆかなもやっぱり可愛いですね。
学校のセイイキも楽しみです。

あっ、最後に自分が過去に書いた彼女のセイイキの記事のリンク、貼っておきますね。
http://okahitsuji.com/seiiki

※このページでは feng さんの著作素材を引用しています。
Copyright feng All rights reserved.
これらの画像、文章の転載はいけません。