「特選小説 2017年 10 月号」を読んで

特選小説とは官能小説の雑誌である。
40歳~60歳ぐらいの年齢がメインの購入層になるためか、
登場人物の男性、女性も当然それぐらいの年齢になる。

ちょくちょく挟まれる宣伝広告に、
「中高年出会いダイヤル」とか、
「シニア電話 50代以上専用」とか掲載されているのを見ると、
こんな世界があるのかとなんとも言えない気持ちになる。

中高年も人とのつながりとか、出会いを求めるのは変わらず、
人は孤独になってしまうものなのかなぁと考えさせられる。
10代~30代の人はTwitterなり、ラインなり、mixiなり、
インターネットを使いこなして気軽に知り合いをつくっている人が多い印象がある。そういったサービスをつかっていない(ネットリテラシーがない)年代の人は、こういったアナログな媒体が唯一の他人との接点だったりするのだろうか。

こういった作品ではネットリとしたいやらしい表現や、
メイン購入層の時代背景が如実に反映されていて、
なんというか、いい意味でおっさんくさい(あくまで悪い意味ではない)。

家族がいたり、会社や家族とうまく関係が築けずに孤独だったり、
その年代ならではの家庭の事情を上手く反映させた独特のエロス。
ベテラン作家さんだからこそ表現できる領域。
こういった文章が書けるのはもはや特殊スキルだと思う。

もちろん作家さんの年齢も購入層と同じぐらいの人が多い。
『作家〇〇さんの日常』みたいな企画もあって、
「今日はスポーツクラブに行った」とか、
「少女のパンツが見えてラッキーだった」とか、
すっげぇどうでもいいことが書かれていたりする。
自分の父親ぐらいの年代の人が書いていると思うと、
なんだかかわいらしいく思えてきて好きだ。
視点がスケベだったりするのも笑いを誘う。

自分もそれぐらいの年齢になったときに、
こういった考え方ができたら人生深みが出て面白いかもしれない。

性欲は年齢を重ねるごとに弱まっていくとはいうものの、
年齢を重ねることで初めて味わうことのできるエロスがあり、
いくつになっても、人はエロというものを求める生き物なのだなぁと、
若輩者ながらに思ったのでした。

近況-20170820

●極力捨てる

最近はとにかく家にあるものを減らすことに注力している。
1日に一気にやるのは無理なので、土日は必ずモノを捨てる時間をつくっている。
部屋中を見渡してみると、「これ、つかってないよなぁ」というものが見えてくる。
1年使ってなかったら即捨てる、など自分なりに基準を設けて整理した。

そして捨てるものは大きければ大きいほどいい。
特に雑誌なんから全然見ていないのに貯まっていたし、以外と場所をとる。
本棚もよくよく考えると「カラーボックスの中に本は全部入るんじゃね?」
ということに気づいて処分することになった。
お金になりそうなものは売って、お金にならなそうなものは迷うことなく捨てる。

すると部屋中がすっきり綺麗になった。
必要なものだけに囲まれるのは気持ちがいいものである。

捨てることを初めたのは、単純にモノを片付けたかっただけではなく、
これからの生き方について大きな意味を持つと思ったからだ。

最近ずっと、極力お金のかからない生活をするにはどうすれば考えていている。
なぜかというと超単純な考えだが、
お金を消費するとその分多く働く必要があり、
お金がかからないようにするとその分働かなくてもよくなる
(自由な時間が増える)からである。

恐らくこれからの世の中は今よりももっと稼げなくなると思うし、
労働環境も悪くなるんじゃないかぁと予想している。
てか、今までが楽観的過ぎたんじゃないかなぁと思う。

もう一つの理由は、
移動しやすい生き方のほうがいいなぁと思ったからである。

将来的に生活コストを抑えるために東京以外の場所に住むことを検討しているが、
そもそも東京から離れたところで、その土地に馴染めるかどうかという問題がある。
まあそういった住む場所の問題もあるが、
そもそもモノが少ないというのは以下のメリットがある。

・狭くて安い部屋に住むことができる⇒生活コスト(家賃)を抑えることができる
・生活様式を選択できる⇒シェアハウスなどの工夫で生活コストを抑えることができる

別に流行りのミニマリストに影響されたわけじゃないけど、
多様な生き方の可能性を感じていて自分にとってはすごく魅力に映っている。

・極力狭くて安い家に住んで生活コストを減らし、その分楽な仕事にシフトして趣味に集中する生き方を選択することができる。
・シェアハウスをすることで生活コストを減らし、その分楽な仕事にシフトして趣味に集中する生き方を選択することができる。

特にシェアハウスは問題が多くありつつも(調べてみると人間関係だけじゃなく法律面での問題とかも根深いようです)、上手くハマれば魅力的な生き方ができると考える。
家賃をお互いに負担するだけではなく、トイレや風呂なんかも一緒に使うので、
2つの家にバラバラに住むよりも金銭的には抑えられるはずである。
冷暖房の費用も、インターネットプロバイダの料金も1つの家の分しかかからないわけだし。
1人暮らしだと使っていないスペースの家賃まで負担しているので、
ワンルームは月の家賃こそ安いが実はコスパが悪いんではなかろうかと考えるようになってきた。
独身のオタクたちが集まって同人活動をやったり、
一緒にウェブサイトを運営したりすると楽しいかもしれない。
プログラミングが得意な人、デザインができる人、経理に強い人、
マーケティングが上手な人、ライティングのスキルがある人、
いろんな個性を持った人が集まると刺激的だろうなと思う。

というか、これから未婚者もどんどん増えるわけで、いいかげん生活面でお互い助け合うとか、結婚や家族で住むという以外の新しい生活様式も必要なのでは?と思っている。

今じゃネット環境とパソコンがあればなんでもできるのではなかろうか?
ゲームはできるし、お金は稼げるし、読書はできるし、買い物はできるし、
月に数百円払えばアニメも映画も見放題。
そういった意味でインターネットが好きな人、パソコンがあれば無限に暇をつぶせる人は強いと思う。だってそれ以外のコストかからないわけだし。
アウトドア趣味を持たない人の強みというか、独自の生き方ができそうな気がする。
そんなわけでできる限り持ち物をシンプルにしているわけである。

●ThinkPadが好きだ。

自分が使うPCは全部ThinkPadがいい。
あのキーボードの上にある「赤ポチ」
アレがないと特にノートパソコンはストレスが溜まってしまう。
アレ、めちゃくちゃ便利なんだよね。
わざわざキーボードからマウスを触るために手を動かす必要がなくなるから。
一度アレに慣れると他のPC使えなくなるぐらい便利です。
ThinkPadがあれば何でもでき(そうな気がす)る。

●ブログのススメ

Twitterで呟かないけどイイねくれる人がいて、結構素性が気になっていたりする。
イイね返ししようにも呟かないと返しようがないので、
感謝の念を伝えたいが伝えずらいみたいな状況がある。あるある。
そういったことが割と多いので、みんなブログを初めてはどうだろうかと思う。

Twitterだとどうしてもタイムラインに流れていっちゃうから、
ログとして残らないんだよね。
あと、平日とかなかなか見られない人多いだろうし、
そもそも自分の思いを140字で適格に表すのはちょっと無理があるのではないかと感じる。

ブログが便利なのは、時間があるときに見に行けばよくて、
140字以上の情報を時間をかけて読むことができるという点である。

無料で始められるものもあるし、
文章書くのが嫌いでなければやってみると面白いですよ。

「バーチャルユーチューバー – スケベマイ!」

※この文章は決して、けっっっっして、
今話題のユーチューバーについて書いた文章ではございませんし、
一切関係ございません。

また、このお話に出てくる登場人物はすべて18歳以上です。

 

—————————

「バーチャルユーチューバーのスケベマイです!」
鼻にかかった声というのだろうか、甘ったるく、
でも聞き取りやすいはっきりした声とともに、
可愛らしい女の子が画面いっぱいに映し出されていた。
ハート型のカチューシャと肩下まで伸びたロングヘアーが特徴的だ。
瞳は透き通るように青く、そして大きい。
元気ではつらつとした、例えるならば真夏の太陽をいっぱいに浴びた蜜柑のような娘だ。

 

「はい、今日は●●学園の家庭科室に来ていま~す。
夜の学校ってなんだかワクワクしますねぇ」
そこに映っていたのは、地元でも有名な進学校だった。
そういや受験したんだっけ。苦い思い出がよみがえる。
結局受験には失敗してランクは一つ下の私立の学園に通うことになった。
県でナンバーワンの志望率の学園であるため、
同じような体験をしたような人は多いであろう。
そんな夜の学園で彼女は何をしているのか、ナニを始めるのか。
「いやー懐かしいですねぇ。心ときめいちゃいますねぇ」
そう言って屈託のない笑顔で笑う。充実した学園生活を送ってきたんだろう。
人気もので男からもさぞもてたんだろうと思う。その姿がまぶしくて霞んで見える。
よくわからないけれど、チクりと何かが心に刺さる音がした。

 

くるりと体を一回転。それが彼女の動画配信スタートの合図である。
細工物のような前髪がさらりと揺れる。
「さて、今日は今からここでオナニーをしてみたいと思いまーす!」
コメント欄は暇人どもの歓喜のコメントで埋め尽くされる。
『こんな可憐な娘が夜中の学園でオナニーって、さすが淫乱動画女王スケベマイ!』
『早くしろよー。ここ3日間溜め込んできた俺のくっさいくっさいタンパク質爆弾が弾けちまうよぉ』
『ちょっ、これ、なんてエロゲwww』
『俺の股間も大草原不可避wwwwww』
彼女は教卓に腰掛けた。
普段教師が使っている教卓に尻を載せ、真夜中の教室で自慰行為を始めるという。
教卓という小道具があるからか、まるで夜中の学校で性教育を始める少女のように見える。
すらりと伸びた足に、白いニーソックスが映える。
片方の足を徐々に上げていくと、細かいレースの入った白い下着がチラリと見える。
『真っ白なおパンツは白濁男汁の暗示ですかなwww』
『先生!白下着はエロい娘が身に着けるって聞いたことがありまーす』
『鼻擦り付けてスンスンしたい。クンカクンカ、でゅふふっ』
まだ動画が始まってほんの2、3分しかたっていないのにもかかわらず、
身の毛がよだつようなコメントが次々と投稿される。
彼女は下着の上から上下に陰部を刺激し始めた。
「あっ、んっっ……」
綺麗でか細い手で上品に撫で上げるように。純白のショーツはじんわりとシミをつくっていた。
さっきまで騒がしかったコメント欄に動きはない。
みんなこの先の展開がどうなるか緊張して見ているのかもしれない。
「はあっ、あんんっ……んんっ」
控えめに漏れ出る声がいやに艶めかしく、
ぐっしょりと濡れたショーツからは甘酸っぱい匂いすらも漂ってきそうである。
「マイの淫乱おまんこぉ、お腹すいちゃってるみたーい。
よだれいっぱいでちゃってるからぁ、そろそろお食事のじかんでーす」
その言葉とともに出てきたは緑色のボツボツした突起がついた果菜類、キュウリであった。
『ふひぃ、ボクチンのキュウリも食べてほしい』
『野菜をまんこに突っ込むなんてどんな変態だよwww』
『自然界の天然バイブレーションwwwwww』
静かだったコメント欄が一瞬にして沸いた。
ショーツをずらし秘部にあてがう。
「くちっ」という水音が鳴り先端が押し込まれる。
「んっ……はああぁっ♥」
一瞬のけぞり、紅潮した顔で再び結合部を見つめる。
「マイの食いしん坊おまんこが咥えこんじゃいましたぁ。
せっかくの新鮮なお野菜、最後まで味わって食べたいとおもいまぁす♥」
前後に抜き差し始めた秘裂からはポタポタとよだれが垂れている。
「あんっ、ああんっ、トゲトゲのゴリゴリってした部分がぁっ、おまんこにこしゅれてぇ、きもひいいのぉ♥」
その官能的な情景にコメントの嵐が吹き荒れる。
『ザ・オーガニックオナニスト、ここに爆誕www』
『きったねぇ食い方して育ち悪いなぁ。こいつぜてぇクチャラーだよ』
『おまいら、明日からコイツのことおまんこクチャラーって呼ぼうぜ!』
罵詈雑言のコメントの嵐をよそに、手淫は早くなるばかり。
抜き差しのたびに「ぴゅっ、ぴゅっ」と愛液が教卓にシミをつくる。
「ああんっ、あっああんっ、淫乱おまんこのぉ、いちばん、いちばんえっちなぶぶんっ、じぃしゅぽっとにぃ、あっ、当たって、はっ、ひぃぃいいいー!!」
絶頂が近いのか、声にならない叫びをあげる。
呂律は回っておらず、焦点は定まっていない。
「あぁぁぁぁんっ、もう、もうりゃめぇ、はひぃっ、いっ、いぐぅっ♥」
『きゅうりでイクとか、まるでメスエロガッパじゃんwww』
『もうっ、おれもイクよぉ、いっしょにイこうねぇ、マイちゃん』
「あふぅっ、おっ、奥っ、あたってりゅっ、奥のっ、気持ちいいとこっ、もう、もうりゃめぇ、はひっ、はひぃっ、いっぐぅっ♥」
ひと際高い声が絶頂の合図を告げる。
普段の甘える声からは想像もつかないほどの、我を忘れたような叫びをあげて。
「あひぃっっ、もお、だめっ、おっほぉっ、いっ、いぐのっ、いくのぉっ、いっちゃぅぅううー♥♥♥」
断末魔の叫びが聞こえたかと思うと、そこには全身を痙攣させながら白目を向いている少女の姿があった。
「ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ」と痙攣のたびに潮を吹きながら小さな体を震わせる。
『失神しやがったぞこのエロガッパwww』
『3日分貯めてた匂い玉のように濃厚なくさっい精子が全部でたよ。ありがとうね、マイちゃん』
『この世のどんなAVよりもエロかったぜ』
視聴者も大満足のコメントが追加される中、よろよろと状態を起こしスケベマイは言った。
呂律の回らない、でも普段通りの甘ったるい声で。
「今日はマイのぉ、えっちな、えっちな動画、見てくれてありがとぉー。
もし気に入ってくれたら動画の右下にぃ、
チャンネル登録ボタンがあるから押していってくれたらうれしいなぁー」
その一言で動画は終了した。

 

俺は今回も素晴らしい動画だったと余韻にふける。
動画の端にちらりと見える『イイなぁ』ボタンは早くも300を超えていた。
この調子なら、明日には1500ぐらいはいくかな。
にやりと口角をあげ、コートを羽織る。
さて、そろそろ迎えに行くとするかな。

—————————

エロラノベ感想⑧「悦楽のノワール」感想!!

二次元ドリーム文庫より、今年の3月ごろ発売の作品。
本屋に立ち寄った際、
「ノクターンノベルズ」四半期ランキング第1位
という帯を見て購入。

大まかな特徴は、以下3点。
1.エッチシーンまでの展開が早め
2.エロラノベの中ではかなりプレイ内容が激しい
3.細かな描写よりも、直接的で簡素な表現が多いため読みやすい

中盤まではとにかく激しいプレイ内容でエロい。
めっちゃエロい。初回プレイから飛ばし過ぎ。
アダルト系の作品は一般的に徐々にプレイ内容を激しくしていく
作品が多いと思うが、この作品はしょっぱなから失禁絶頂あり。
序盤に激しいエッチシーンが続くと冷めるという人もいるかもしれないが、
それを忘れさせるぐらいエロい。
属性としてはストレートなエロさ。
ジャブは打たない。すべて右ストレートな男気を感じる。

中盤からはまさかの痛い痛いSM的なプレイも。
(SMの範疇を超えてないか?と思わせるぐらいの内容だった)
まあ、ソフトSMじゃなくてまごうことなきハードSMですね。

最初から激しすぎるため、最後あたりは物足りなさも感じたが、
この内容だったらしょうがないよなぁと自分を納得させた。

ストレートなエロ表現では、
間違いなくトップクラスの作品なので、
「とにかく抜けるエロが欲しいんじゃ」って人はオススメ。

「超昂神騎エクシール」感想!!

●システム

戦闘システムは超昂シリーズそのまんま。
ただ今回は2人協力で戦うようなシステムになっている。

このシステム、結構頭使うので序盤はしんどい。
ただ、エスカレイヤーの時にいた数ターン経つと即死攻撃仕掛けてくるやつとか
(名前が思い出せない、本っぽい怪人)、
特殊な戦い方をしないと勝てない敵はほとんどいないのでその点では楽。

ただ、このシリーズ、「CG、回想を埋めるのがきっつい」
といことは変わらない。
一度クリアしたら全開放モードとかあればうれしいのに……。
何度も周回で戦うのはつらいので、ぜひほしいです。

 

●回想モードを振り返る

戦闘シーンのアニメはかっこいい。特にキリエル(キリカ)。
「サラマンダー・ストライク」が厨二全開って感じで好き。

エッチシーンについて、一番好きなのはオベレット敗北。
これは、キリカ、エリス両方好き。
っていうか、単純に触手が好きなだけかもしれない。

他には、
ハウト、ダイアン敗北のキリカ、
アレーガ、アゼル敗北のエクシールが好き。

肉欲最大エンドは見たほうがいいでしょう。
最大にするの、超大変だけど。

エッチシーンに関しては「薬と魔力的なものに頼りすぎ」という意見もツイッターなどであったのを見た。
確かに、今作はちょっと多いなと感じた。

ここら辺は難しいと思う。
本当に嫌悪している怪人を相手にし、
落ちるのは不自然だから薬や魔力を使おうっていう考えもわかる。だからといって使いすぎるのも興が覚めてしまう。
好みが分かれるところです。