『放課後さいころ倶楽部』感想!

『放課後さいころ倶楽部』ってのは3人の女の子たちが、
ボードゲームを楽しむ漫画。
(最初は3人ですが、ストーリーが続くにつれてキャラクターはどんどん増えます。
というかむしろ、周りの人たちもボードゲームの世界に巻き込まれていきます)

様々なボードゲームが出てくるワクワク感と、
登場人物たちの成長ストーリーがしっかりしているところが好きな漫画です。
説明も絵も複雑になりそうなボードゲームですが、
細かい部分まで丁寧に描かれているところも印象が良いですね。

 

最近読んでいて特に自分が気になったのは『ヘックメック』。
遊べる人数が幅広いのにもかかわらず、持ち運びがしやすくて場所もあまりとらないというところも、ボードゲームでは珍しいタイプで面白いと思いました。
この漫画には物語の最後にボードゲームの紹介ページがあるのですが、
黒崎さんも「初心者でも楽しめるっス!」って言ってたし……。
※黒崎さんは作中に出てくる女の子です。

 

ちなみにぼくは大野さん(ミドリちゃん)がめちゃくちゃ好き
なのですが、会社の飲み会でこの話をしたところ
「この娘イモっぽいから俺はミキちゃんのほうがいい」
とか、
「眼鏡キャラ好きじゃないんだよね……」
とか理解し難い反応が返ってきて、
ぼくは「自分よりも何年も働いてきた人間がミドリちゃんの魅力がわからないなんて、いったい今まで何を学んできたのだろう?」
と憤りを感じましたね(過激派)。

そんなこともあり、この記事の最後にミドリちゃんの魅力について、
紹介したいと思います。
ぼくのこの想い、ハルケギニアのルイズ……
さいころ倶楽部のミドリちゃんに届け!

 

①自分の夢を凛とした表情で語るミドリちゃんが好き♥

(放課後さいころ倶楽部/著者:中道裕大
  /ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル より画像引用)

ちょーかっこいい……。

 

②真面目キャラに見せて負けず嫌いで、
 ちょっとお茶目なところも大好き……。

(放課後さいころ倶楽部/著者:中道裕大
  /ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル より画像引用)

 

③一生幸せにしたい……!

(放課後さいころ倶楽部/著者:中道裕大
  /ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル より画像引用)

 

特にぼくは3巻の第19話、
渋沢蓮との口論の場面で毅然とした態度で反論するミドリちゃんが
狂おしいぐらいに好きですね。
あと、おっぱいも大きいよ!

もし東京都内で土日に時間あってボドゲやったことないって方は、
ぼくも初心者なので対戦相手募集中です。っていうか、
一緒にルール覚えながらいろいろやってみるって感じだと思いますが……。
もし興味あったらコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA