「ゴスロリJK無人島漂流記」の面白さを語ってみる。

ゴスロリJK無人島漂流記ってのは、きらら系の4コマ漫画。
まんがタイムきららMAX で連載中

んで、5月初めに1巻が出たので買ってみた。

内容としては、
ゴスロリJKの姫野と、頭はいいが非力で体力がない吉崎知恵(ちえちゃん)が、
無人島に漂流し、サバイバル生活(ゆるふわぁ、はぁと)を送るというもの。

超・端的に説明すると、
きらら系のゆるふわ萌え4コマ漫画なのだが、
それだとただのきらら系漫画だよねってなるので、
もう少し細かい部分を見ていく。

物語の途中で(といってもかなり序盤だが)
姫野とちえちゃんの2人はヤギっぽい人っぽい変な生物、
「んみちゃん」に出会う。

こいつが物語の重要なキーパーソン(キーパーヤギ?)っぽいので、
注意深く見ていくこととする。

まずは、この「んみちゃん」が何者か、ということだ。
とにかくこいつの正体がわからない。
2人よりもずっと背が低く、子供のような体型をしているが、
頭にツノが生えている。

作品のなかでも、
「んみちゃん」を、
ヤギとする派[姫野](※作中の「ヤギじゃない?」発言より推測)と、
人とする派[ちえちゃん](※作中の「ヤギじゃなくない?」発言より推測。)
に分かれている。

ここで、[おかひつじ]の推測を語ってみよう。
私の推測:「んみちゃん」は「バフォメット」ではないか?

 

※バフォメットとは?⇒有名なキリスト教の悪魔の一人で、
黒ミサを司る、山羊の頭を持った悪魔。(Wikipedia)

この推測に至った4つのポイントを以下にあげる。

 

「んみちゃん=バフォメット」説

①作中で雨乞いらしき儀式をする場面がある
⇒魔女の悪魔崇拝の祝祭「サバト」と関係

②作中で姫野とちえちゃんのファースト○○の場面がある
⇒バフォメットは同性愛などと関係が深い悪魔である

③ヤギの頭と人の身体をしている。
⇒まさにバフォメットやん?

④悪魔とか出てきたら、なんかゴスロリっぽくない?
⇒そうやん?ゴスロリっぽいやん?

もしかしたら、
作中に出てきている「んみちゃん」というかわいらしいヤギ(ひと?)は、
恐ろしい悪魔かもしれない。

ちなみに、
私の正直な想いとしては、
「姫野とちえちゃんはかわいいが、あのヤギっぽいやつは、
明らかに自分がかわいいことを知っているようなそぶりをし、
そこまで実際にかわいくないくせに調子に乗っているやつ」という認識である。

とどのつまり私は、
「ゴスロリJK無人島漂流記リスペクト科、ヤギアンチ属」である。

ここまで、「んみちゃん」という奇怪な生き物について語ったが、
もう一人魅力的にキーパーソンがいる。
「みもりさん」である。

 

「みもりさん」について
みもりさんは、超ナチュラルに無人島に流れ着いた、
おっとりメイドさんである。

一番の見どころは、
みもりさんと2人(姫野、知恵)との出会いのシーン。
無人島に流れ着いたみもりさんの、
「そっか……必要以上に働かなくてもいいんですね……」
「わたくしは今まで……仕事をするためだけに生きていたのかもしれませんね」
といった言葉。

まさに、
バフォメットという悪魔を目の前にして現れた、
メシア(救世主)なる存在の誕生である。

もう私の目の前には、
日本の全社会人が涙を流すビジョンが……、
偉大なる救世主みもりさん(ママ)に救われる魂が……見える。

 

サバイバルについて
テーマの1つに無人島での生活がある。
それはそれは過酷なものだ。

彼女たちの自給自足も見どころで、
まさに、現代版「命の授業」である。

※ああ、ここらへんで正直だいぶ書くのつかれてきた。

 

まとめ
みんなも見ような。

9-nine-ここのつ ここのか ここのいろ 感想!

9-nine-ここのつ ここのか ここのいろ をやってみた。

和泉つばすさん原画の、ロープラ作品。
どうやら「9-nine-」というシリーズものになっているらしく、
シリーズごとにヒロイン1人に焦点を当てる作品なっているとのこと。

 

こういうのいいよね。
ロープライスで買いやすいから
気になったら次作を買えばいい。

あと、1つのパッケージで物語が終わっちゃうのも、
自分が好きな作品であればあるほど寂しい。
もともと続編があるって売り出し方ってアリだと思う。

ちなみに箱うっすい。箱というか、
厚めの丈夫な紙でできたパッケージになっている。
続編ある作品ならだったら特に、これぐらいの薄さ、Good。

なんか単純にスマートでオシャレだし。
中身エロゲだけど……。

 

今作品のヒロインは九條都(くじょうみやこ)っていう娘なんだけど、
まさにメインヒロインって感じで大好きです。
お嬢様なんだけど、抜けているところがあってかわいい。
この「完璧じゃない感じ」ってやっぱりメインヒロインには必要なんだよね。
オタクごころとして、完璧超人系は少しひいちゃうからね。
その部分のバランスが絶妙だった。

あとは、妹なんかが人気でそう。
うざかわいい。ウザさが適度に抑えられているのもよし。

 

物語の流れは、とある奇妙な事件が起こり、
同じ学園の人間がとある能力を持っている(目覚めている)
ことが明らかになっていくという、
まあ、ちょっとシリアス成分を含んだよくある異能力ものの展開が進んでいく。

終わり方としては、めちゃくちゃ謎を残して終わるという、
もはや「続き、買えよ」と言わんばかりで。

「はい、続き、買います」
とならざるを得ない。商売上手。

別メーカーで言うと、個人的にどみるのHHGとかの異能力系、単純に好き。
異能力系でさらに謎解き的なシリアス展開がある作品、超好き。

といったわけで、続編が待ちきれないのです。

 

※このページでは CLEARRAVE / PALETTEさんの著作素材を引用しています。
(c)CLEARRAVE / PALETTE ALL RIGHTS RESERVED.

4/28発売!「JKおむchu」をDLsite先行でやってみた感想!

2017/4/28発売 Grand Cru の新作、
「JKおむchu」をDLsite先行で一足先にやってみた。

感想としては、「ヌキゲーとしてはめっちゃ優秀!

めっちゃ抜けるし、絵もかわいい、
特に下着の描き方とかドストライク。
「構成協力:遠野渚」⇒なるほど、美少女文庫でおなじみのあの人ね。
ぱっと見た感じ暗い感じはしないかもしれないけど、
少し凌辱色が強くダークな雰囲気もあるので、
くれぐれもただのエロ特価のヌキゲーと思いツッコんでダメージを受けないように。
純愛ゲーが好きな人には特に。

 

●性格キツ過ぎ……

序盤の栞菜(JK)の言葉がキツ過ぎ。
これを物語中耐え忍ぶ必要がある。
まあ、最終的に解決するんだけど……。

精神的に悪口連呼がきついと思う人には向いてないかなと。
ただ、それがスパイスになってエッチシーンの背徳感を
引き立てているんだけどね。
ここは賛否両論ありそう。

 
●主人公の躾の仕方が異常

全部「躾」のせいだ……。
何かにつけて躾が悪かったせいにする。
あと、単純に主人公、クズです。
とんでもないクズ野郎。

理由は後からはっきりするがそれでも異常では?
と思える。
その部分をヌキゲーだからよしとするかどうかで、
この作品の評価は変わると思う。
芽衣(女教師)に対する仕打ちとか……ひでぇ。
もう下の画像がすべてを表していると言っていい。

 

ほら!また躾のせいにして!
悪い主人公だ!

なんだかんだソフトな快楽落ちということもあり、
凌辱ゲーと比べたら凌辱度は低い。
エロ特化の一般的なヌキゲーと比べたら少し雰囲気が暗いというか、シリアス寄り。
いい意味ではバランスがいいといえるかもしれないが……。
やっぱりウェブサイトのデザインとか、タイトルからすれば
パッと見て萌えヌキゲーのような感じなので、面食らう人が多い気がする。

 

エロい。ヌキゲーとしてのレベル高し。
でもやっぱね。
エロいんですよ。
特に下着の描き方、シミのつくりかた、アングル などなど。
ロープライス(相場ではミドル寄り?)ゲーの中では、
ダントツでエロいと思う。

あとメガネいいね。非常によい。

JKおむchuって割には、
おむつプレイがメインというわけではないです。
あるっちゃあるけど……。
メインではないよね。
むしろ他のプレイのがエロいと思う。

ちょー簡潔にまとめると、
「めっちゃエロいけど、ちょっと癖が強いね」って感じ。

おしおきエロが好きな人にはいいんじゃないでしょーか。

※このページでは Grand Cru さんの著作素材を引用しています。
(c)2011 Grand Cru classe All rights reserved

 

きらら系4コマ漫画の魅力-疲れた社会人の究極の癒し

きらら系とは、
「まんがタイムきらら」をはじめとする、
萌え4コマ雑誌を一般的に指すことが多い

(注※「まんがタイムきららフォワード」などの4コマでないものもあります。
 また、「きらら」がつかない「まんがタイム」系列はこの記事では除きます。)

『過重労働、人間関係のストレス、終わりなき「負」の感情を
抱えて日々を過ごすサラリーマンへの救済』であり、
『独特のゆるい空気感が世界平和を導くもの遠い話ではない、
と感じさせるほどの圧倒的幸福感』を得られる。

そんなきらら系雑誌について紹介します。

※2017年4月時点になります。

 

まんがタイムきらら
「ゆゆ式」があるのがこちら。
また、荒井チェリーさんの「三者三葉」などもこちら。
同じ荒井チェリーさんでも、「未確認で進行形」は「まんが4コマぱれっと」のほう。

 

まんがタイムきららキャラット
有名どころでは、
「Aチャンネル」、「NEW GAME!」、「キルミーベイベー」
などがそろう。
個人的にはきらら系の中では個人的に一番好き。

「Aチャンネル」好きすぎて、
黒田BBさんの画集買いました。
特にトオルが大好きです。

 

まんがタイムきららMAX
「ステラのまほう」「ご注文はうさぎですか?」が連載中。
個人的には「ゴスロリJK無人島漂流記」のゆるさが、
イイ感じに脳みそを溶かしてくれて好き。

 

まんがタイムきららミラク
「桜Trick」「うらら迷路帖」などこちら。
「サイエンテイスト」「ハルベルンハルカ」など、
個性が光るというか一癖ある作品が多いイメージ。
(悪い意味ではないです。勝手なイメージなのであしからず。)

 

まんがタイムきららフォワード
有名どころは「がっこうぐらし!」「あんハピ♪」など。
「夢喰いメリー」「ハナヤマタ」もこちら。

※ちなみに「フォワード」は4コマではない。
一部シリアスな作品はあるものの、
きらら系独特のゆるさは健在。

「ゆるキャン」なんかいい感じ。
「放課後のアルケミスト」がイチオシ。
5月にコミックスが出るので楽しみ。

 

★番外編
まんが4コマぱれっと
きらら系と一括りにされやすい。

・きらら系が「芳文社」
・ぱれっとは「一迅社」

みんな大好き「ちょぼらうみょぽみ」先生(あいまいみー、ソメラちゃんなど)
が見たい場合こちら。
また、きらら系でも描いてる、
「ねこうめ」さんや、「荒井チェリー」さんの作品もあり。

「みりたり!」「かさねインテグラる」などがお気に入り。
コミックキューン
キャッチコピー
「あなたのために作った、かわいい4コマ誌。」
とあるだけ、本気で萌え豚たちを殺しにくる雑誌。

きらら系の平和な世界よりも、豚を萌え殺す展開よりに
踏み込んでくる感じが大好きです。

「ひなこの~と」はこちら。
また、萌えエロゲーマー御用達の「梱枝りこ」さんの
4コマもあり、いい意味でズルい。
KADOKAWAが本気を出すとこうなるんだと思い知らされる。
萌えオタのココロをわかっていらっしゃる。

 

コミック電撃だいおうじ
「ガウリールドロップアウト」はこちら。

コミックキューンと同じくKADOKAWA系だが、
キューンを読んでで乱れた心(キモオタの欲にまみれた醜悪な何か)を、
洗い流してくれる健全さを持っている。

実家に帰ったときの安心感があり、
読む前に「おかえり」と優しく声をかけてしまう。
さて、
いかがでしょうか。

400円~500円ほどで得られる幸福。
あなたも実感してみませんか?

久しぶりにやられた……。

毎週のように、ごく普通にDLsiteでエロゲダウンロードしてて、
エロゲでよくある「あること」に失念してた。

「出ちまったんだよ……アイツが」

 

 

 

 

 

そう。

そうだよ。
古いエロゲダウンロードしたPCが、
windows8とか10だと出ちまうアイツ。

 

オレの触手に対するアツい想いも、
アイツの前では動作不能になっちまう。

ちくしょう……。

困ったことに公式HP見たけど、
パッチ出てないのよ。
つらい……。

ダウンロード購入する場合は、
Windowsの対応バージョンをちゃんと確認しないとね。
うっかりこんなことになるよ。

「あなたに恋する恋愛ルセット」インプレッショントライアル感想!

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

※※※「あなたに恋する恋愛ルセット」製品版感想! を2017/6/4 更新してます。

「あなたに恋する恋愛ルセット」の、
インプレッショントライアル
(要は、ブラウザ限定の体験版ってほど長くないやつ。雰囲気確かめるやつ。)
やってみた。

公式ホームページのこだわりポイントってとこでさ、
「シリアスシーンを徹底的にそぎ落としたイチャラブ特化作品です。」ってあるのよ。

まさにそれだったね。

 

自分なりにこの作品のオススメの楽しみ方を考えたんだけど、
「何も考えずに、ぼーっと画面を追う。
そう、身体の力を抜いて、脳みそのしわを、すべて緩めて」
やっていくのがいいんじゃないかなと思うのよ。

 

あるじゃん、ほら。
仕事で鬱になりすぎて、

「何も考えたくない、考えられない、
平和な世界だけ見ていたい、一日中何もせず、ひだまりスケッチだけずっと見てみたい」
そんなときに、この作品よぉ。
(えっ?ない? ぼくはよくあるよー、生きるって大変だよー)

そのコンセプトのおかげか、
出てくるヒロイン全員、ふわふわ、ぽよよんとしてるの。

ほわほわして、ほわほわしすぎて、
終わったときに、
「ヒロインの名前、誰一人覚えてないじゃん」
ってなったよ……。

自分のオススメは大園柚姫(おおぞのゆずき)って娘ね。

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!
もうね、ヌキゲーと日ごろのストレスで心が荒んでいるぼくは、
「金髪お嬢様ってwww。ぜってえこの娘、アナル弱いやつだ」
とか、
考えるよね。

パツキンお嬢様ってエロゲじゃよくあるのが、
「高飛車で気が強くてウザくて、ある層には人気あるけど一番にはなれないかませ犬」
って感じじゃん?
(別に金髪お嬢様キャラに親とか殺されてないし、恨みがあるわけでもありません)

でも、実際はそんなことはなく、
すっげえふわふわしてるんだよね。

甘いの、すごく。

ただでさえ、全員平和ボケおっとりしてるなか、
この作品を引き締めるのは、てめえが最後の砦だ!
って思ってたんだけど、こう、
「ブランドコンセプトには、敵わなかったよ……」

ってな感じ。

一言で表すと全ヒロインが「安心」だよね。
平和そのものを表してるね。

いいなぁ、こんな人生送りたかったなぁ。
うらやましいなぁ。

なぁ……。

「こいのす☆イチャコライズ」(こいちゃ)体験版感想!

「こいのす☆イチャコライズ」(こいちゃ)体験版感想です!

3月期待の作品。

まずは、名前が決められます。
ただ体験版やった感じだと4文字まで。

勘解由小路(かでのこうじ)さんとか、
左衛門三郎(さえもんさぶろう)さんとか、5文字苗字の人はドンマイ!
(製品版ではどうなるかわかりませんが)

(「オレひつじ」とは……)
※4文字登録なので「おか」「ひつじ」でやった結果。

あと、
立ち絵がめっちゃ豊富でころころ変わって可愛いんですよ。
ここポイント。

ざっくりとした感想は、
「前作に比べ尖ってはないが、身近な感じ」がする。
料理の描写とかめっちゃ細かい。どうやって何を作るという部分までちゃんと表現してあるし。
こいなかのにぎやかなギャグ要素は少し抑え目で、
その分日常会話はリアルに寄せてある。
まさにこの作品のコンセプト通りでよかった。

 

一般的に3、4人キャラクターがいたら、
誰かは自分の趣向に沿わない(相性が合わない)キャラがいるものだけど、
3人ともいいキャラしてます。

なつめは最初から自分的に押しキャラだし、
いちかは包容力MAXだし、
サチは正直、全く期待してなかったけど(ごめんなさい)、
体験版やって印象がガラリと変わった。

 

吉野いちかはもう「ママ」ですね。
お母さん。
ぼくのお母さんです。

 
なつめちゃんには、
“キモイ”って言われるのがうれしいなぁ!(^ω^)(キモオタスマイル)
ただ、いちかとサチに比べて、
体験版やったあとは印象が薄れてしまった感じがある。

いちかママに押しをもってかれそう。
歩サラさんボイスであれをやられたらね。
そりゃぁホレますわ。
一発KOですわ。

てな感じで、体験版よかったから発売が楽しみ。

※このページでは eRONDO さんの著作素材を引用しています。
Copyright eRONDO All rights reserved.

「ハメ得★おりこうJKペット綾音&優菜~学校で性春!~」感想!

Pin-Point さんの「学校で性春!」シリーズ。

「ハメ得★おりこうJKペット葉月&綾音~学校で性春!~」の方を先にやってしまったため、
前作である「綾音&優菜」、今更だけどやりました。

ちなみに原価の三色網戸。さんの同人誌も一緒に購入。

凄まじい隠語の嵐にやられた。

特に一番印象に残ったのが、
優菜(CV.こたつみやこ)の演技。

エロいんだよ。めちゃくちゃ。
エロすぎて逆に引いてしまったってレベル……(´゚д゚`)。

それだけ演技に気合が入っているというか、
やっぱりプロって上手いなとか、
当たり前のことかもしれないけど感服いたしました。

ロープライスのヌキゲーとして優秀すぎる。
すばらしい。

「クール教信者」先生の「チチチチ」がピンポイントで性癖を狙い撃ちしてくる件

もうすでに一部では話題になっているとは思うけど、
2017年冬アニメから作者の
「小林さんちのメイドラゴン」が始まるのでちょうどいいかと思って、この話題。

「チチチチ」は一般の漫画です。
この記事書いた時で2巻まで出ています。

超簡単にまとめると、
「ネットで接点を持った男女がルームシェアする。」ってはなし。

男のほう(万光)が相当背が低く、
女のほう(珍太郎)が男よりも背が高く、おっぱいがバカでかいって設定がある。

この設定から生み出される物語やハプニングが、
オ〇ショタ好き(に近い層)や、パ〇ズリ好きの性癖をピンポイントで狙いにきている。
(いや、作者が意図的にねらっているかはわからんが……)

ときおりシリアスを匂わせるシーンがあるものの、
物語の最後はだいたいパ〇ズリで終わるし、
赤ちゃんプレイチックな内容などが出てきて、
「これ一応、ヤングチャンピオンだよな……」って戸惑った。
(ヤングチャンピオン烈はきわどいの多いんで大丈夫だと思います)

……とまあ、
フェチな部分が話題になりがちだが、
男女のルームシェアものということで、
ストーリーの内容も気になる展開だし、
絵もかわいらしく好きな漫画です。

気になる人は読んでみてはいかが?

「リアルエロゲシチュエーション!」(リアエロ)体験版感想!

「自宅すたじお」より1月27日発売の、
「リアルエロゲシチュエーション!」(リアエロ)体験版の感想です。

内容は序盤からOPまで。
約30分~40分ぐらいかな。
Hシーンがそれぞれのヒロイン1回づつは用意されている(彩愛は2回)

とにかく出だしからエッチシーンが、動く動く。
不自然な動き方じゃなくて、
「ちゃんとエロい動き方」してていい感じ。

あと、擬音表示がイイね!
抜きゲーでのアニメーションと擬音表現はうれしい。

ビジュアルに訴えかけてくる感じ、よし。

うん。
いい感じ、いい感じ。

実際このシーン、動くんだけどね。
ブログじゃ伝えられない。もどかしい。

個人的には環奈押し。
責めシチュに期待。

一般的に一番人気出そうなのは彩愛かな。
物語の出だしからノックアウトされる人が多そう。

ゆりは……ぶっ飛び過ぎてる。
ただ一番特徴的なキャラなので根強いファンはつきそう。

とりあえずアニメーションの部分は、
実際に見てみないとわかんないと思うので、
まずは体験版、やってみましょう。

※このページでは 自宅すたじお さんの著作素材を一部引用しています。
Copyright (c) 自宅すたじお All Rights Reserved.