おかひつじの ”エロゲの未来を考える”その2

昔に比べてエロゲー雑誌だいぶ減ってません?

私も3年ぐらい前までは、『PUSH!!』とか『電撃姫』とか買ってました。
どうしてもエロゲの情報ってネットでことが足りてしまうから、
結局買わなくなっちゃった。
今ではその『PUSH!!』も『電撃姫』も休刊しているようですが。

結局情報を得るツールとしては、
ネット上で十分なものが得られるし。
体験版なんかが発売前に公開されてるからそれやって。
後は好きなメーカーのHPを見たり、
ブログやまとめサイトで他人からの評判もわかる。

無料で情報が得られるんだからそりゃ、
みんな買わなくなるよね。

とはいえ、エロゲオタとしてこのままエロゲ雑誌がなくなるのも、
少しさみしい気がするので、
今回はエロゲ雑誌について考えてみる。

私がエロゲ雑誌買ってた理由って、
自分が知らないブランドや、新規ブランドの新作が知られる。
(押しブランドはおのずと自分で調べるため情報が入ってくるが、
それ以外はなかなか意識しないと自分からは調べないから。)

読み物として面白かった。
(かわいらしい押絵や、声優、制作スタッフのインタビューなど。)

以上の2点で購入していた。

では、他に雑誌ならではの特徴を考えてみる。
●懸賞応募(グッズや、原画家、声優のサイン色紙が当たるとか。)
●その雑誌特有の連載企画がある
●体験版やグッズなどのおまけ
・・・・・・ぐらいかなぁ。

正直「新作エロゲの情報を提供する」という点に関しては、
もうネットには勝てないんじゃないかと思う。
そんなのtwitterながめてれば勝手に流れてくるしね。
エロゲ会社は積極的に広報のツールとしてtwitter使ってるし、
一度流せばエロゲオタが勝手に拡散してくれる。

ただ、雑誌が全く意味がないものなのかというとそうではなく、
果たせる役割はあると思う。

すっげえありふれた答えかもしれないけど、
①ネットで流れてこない濃い情報を提供する
(声優や制作スタッフのインタビュー。業界のウラ話。)
②その雑誌特有の面白い連載企画をやる

①について
やっぱりネットにはない情報を提供することは、
ネットと差別化する上で必然なわけで。
難しいかもしれないけど、制作スタッフや声優の制作秘話や
プライベートなどが顔出しで書かれているといいですね。

私の場合好きなシナリオライターさんの情報を、
そこまで見ることができるんだったら買いますもん。
その記事だけで買う価値がある!と、オタク心が反応します。

②について
これ、めちゃくちゃ難しいですね。
これが簡単に思いつけば苦労していないと思います。

イラスト投稿コーナーなんてのはよくある企画だと思いますが、
イラストかけない人は・・・・・・みたいな。
イラストだけじゃなく、文章や音楽を作成して投稿、
それをプロのイラストレーターやシナリオライターが評価する。
優れた作品を作り上げた人にはちょっとしたプレゼントや、
わが社にスカウトします!
なんて企画があると面白いかもしれません。

特にエロゲ会社に採用しますなんてやったら、
エロゲ好きで創作活動やってる人は興味あるだろうし、
エロゲ会社も人材募集できるし、WinWinじゃん。みたいな。

ちょっと話がそれるかもしれませんが、
新聞とか雑誌ってもう斜陽になってますよね。
「新聞なんかもうみないよ、
グノシーやスマートニュース見りゃいいじゃん」って、
よほどのこだわりがなければ、みんな思ってるんじゃない?

極論言っちゃうと、
雑誌はもう限界があるので、
デジタルメディアに移行したほうがいいのでは?ってこと。
エロゲ関係の高クオリティなデジタルメディアって、
いまだにあまりないのでは?
(電撃姫は『電撃姫.com』としてやっているようです。
ウェブサイトのデザインやニュース記事がいい感じです。)

エロゲ会社スタッフの日記やウラ話が、
毎日プッシュ通知で飛んでくる。
なんて、「超おもしろそう」だと思うのですが。
誰かやってくれないかなぁ・・・?

むしろ一緒にやりませんか?(笑)
(ごめんなさい。9割ぐらい冗談です。)

今回はエロゲ雑誌にフィーチャーしましたが、
結局何がいいたいかと言うと、
エロゲ産業、斜陽だ、もう終わりだ、
なんて言われてるけど、まだまだ手を加える部分は
残ってるんじゃないかなぁということ。

そんな未来における期待をまだ、
持っていていいよねってこと。

今回は明らかに3分で読み終わらない内容でしたね(汗)。
ツイッターでは長文書けないので、
ブログだとどうしても長くなってしまうのです。

パソコン(スマホ)の前のみなさん、
こんな長文、最後まで見てくれてありがとうございました!

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA