「超昂神騎エクシール」感想!!

●システム

戦闘システムは超昂シリーズそのまんま。
ただ今回は2人協力で戦うようなシステムになっている。

このシステム、結構頭使うので序盤はしんどい。
ただ、エスカレイヤーの時にいた数ターン経つと即死攻撃仕掛けてくるやつとか
(名前が思い出せない、本っぽい怪人)、
特殊な戦い方をしないと勝てない敵はほとんどいないのでその点では楽。

ただ、このシリーズ、「CG、回想を埋めるのがきっつい」
といことは変わらない。
一度クリアしたら全開放モードとかあればうれしいのに……。
何度も周回で戦うのはつらいので、ぜひほしいです。

 

●回想モードを振り返る

戦闘シーンのアニメはかっこいい。特にキリエル(キリカ)。
「サラマンダー・ストライク」が厨二全開って感じで好き。

エッチシーンについて、一番好きなのはオベレット敗北。
これは、キリカ、エリス両方好き。
っていうか、単純に触手が好きなだけかもしれない。

他には、
ハウト、ダイアン敗北のキリカ、
アレーガ、アゼル敗北のエクシールが好き。

肉欲最大エンドは見たほうがいいでしょう。
最大にするの、超大変だけど。

エッチシーンに関しては「薬と魔力的なものに頼りすぎ」という意見もツイッターなどであったのを見た。
確かに、今作はちょっと多いなと感じた。

ここら辺は難しいと思う。
本当に嫌悪している怪人を相手にし、
落ちるのは不自然だから薬や魔力を使おうっていう考えもわかる。だからといって使いすぎるのも興が覚めてしまう。
好みが分かれるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA