最近は単行本より雑誌を買うようになってきたという変化。

いや、何の話かというと……。

エロ漫画の話です。

今まであんまり自分は雑誌は買わないようにしていて、
どちらかというと気になった作家の単行本を買うようにしてた。

理由としては、
雑誌だと自分のあまり好みでない作品も含まれているから、
どうせなら好きな作家の作品だけがまとまった単行本のほうが、
お金もかからないし、好きな作家の作品だけを集中して楽しめるからだ。

ただ、最近は単行本より雑誌派になってきた。
エロ漫画化さんも新しく活躍する人がバンバン出てきていて、
「この作家さんいいなー」という発見を得られるというのがその理由だ。

もう一つの理由は、作家さんごとの特徴が、
他の作品と一緒に見られることでより浮かび上がってくるからだ。
見るたびに新しい発見が見つかったりする。

そんな感じで、雑誌ならではの楽しみに気づいた。
ちなみに、私は失楽天派である。

快楽天や快楽天ビーストでは、少し物足りなく感じる。
とはいえ、好きな作家さんが快楽天側で出ていることもあるので、
そのような場合は買うかも……といった感じ。

ちなみに、今月の失楽天(2016年12月号)は、
「さんじゅうろう」さんの「アンダーザマスク」が一番お気に入り。

みなさんはどうでしょうか?
雑誌メイン?単行本メイン?同人誌メイン?
たまに雑誌見て、気になった作家さんだけ単行本買うとかがやっぱ多いのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA