「鬼がくる。~姉がひん死でピンチです~」体験版感想!!

※製品版感想は最新記事にて公開済み

鬼がくる。の体験版をやったのでその感想です。

原画の「泉水いこ」さんの和風の黒髪乙女はかわいらしいですね。
OPも神がかっております。実際作品に神様出てきますし。

 

●メインヒロイン
・高嶺晴子(はるこ)

異常に甘えてくるお姉ちゃんキャラ。
ただ陽人(主人公)がいないと何もできない。
※公式サイトでは「自分では何もしない」と表記があることから、
「何もできない」のではないのかな?
少なくとも体験版ではダメ人間というか、
「活躍したっけ?この人?」ってな具合のポンコツ。

最初は異常なブラコンキャラとして印象的なキャラでしたが、
作中ずっとコレが続くのでだんだんめんどくさくなってくる。

異常な程のブラコンシーンの中、
1回これはシリアス色の強い修羅場になるのでは?
と思わせるシーンあり。
「地獄の底だって追いかけて、そのオンナを轢殺する」
と発言するシーンがあるのですが、
「そのオンナを轢殺する」のところだけドスの効いたゾッとする声になっている。

体験版では定かではないですが、
超シリアスバットエンドルートも期待できる?
かもしれない。
このシーンが狙ってやっているのだとすれば、だけど。

 

・虚姫(こひめ)

いわゆるロリババア。
神様系ロリババア。
良く見るとちっさい角が生えています。
タイトルの「鬼」とはこの人?(この神様)のことでしょうね。

可愛いし、性格いいし、好印象なロリババア。
ロリババア特有のウザさがない、
つまり素晴らしきロリババア。

作中では、
1.晴子の奇病の症状を抑え、ひとまず生存させる
2.信仰心が足りないため神様の力を完全につかえない。
そのために信仰心を取り戻す必要がある。
信仰心を集めるため主人公たちが奮闘し(巻き込まれ?)
物語が進んでいく。
という、物語の重要なカギを握っているであろうキャラクター。

 

・九条凛々(りり)

異常なストーカーキャラである。
メインヒロインの中でも個人的に一番好き

①黒髪かつロングではない
②貧乳
③声が少し硬く、甘くない
(それが自分は大好きだし、キャラにぴったり合っている)
④目がキリっとしてる
⑤根は真面目で優等生

という、自分の理想を体現したかのようなヒロイン。
好き、愛してる。

体験版では主人公との絡みが晴子や虚姫に比べて少ないうえ、
エッチシーンもなし。
製品版で優遇されていることを期待。

万が一、晴子に轢殺されるシーンがあったら
・涙が止まらなくなる、食欲がなくなる
・鬱になる
・出家する
など、人生に多大な影響を及ぼす可能性があるのでやめてほしい。

 

●サブヒロイン(1名のみピックアップ)
・田井中幸(さち)

体験版ではこの娘だけエッチシーンあったのでピックアップ。
幸という名前なのに、めっちゃ幸が薄い。
このキャラのいいところは、おっぱい。
というか、登場人物たちもおっぱいぐらいしか褒めてない。
(巨乳ゆえメインヒロインからの妬みはあるものの……)

えへ、お○んちん捕まっちゃったぁ♥

ちなみにぼくは根暗オタクなので、
・三つ編み
・眼鏡
・幸が薄い
という3コンボにはめっぽう弱いです。

「結婚は旦那さんの胃袋をつかむことが重要」といいますが、
根暗オタクはだいたいこの3コンボでお○んちんをつかまれます。

 

●まとめ
泉水いこさん原画ってのと、
キャラクターが好きで期待している作品です。

シナリオは、シリアス強めか、イチャラブで終わらせるか、
正直体験版ではどっちに転ぶかわからん。
その部分も楽しみです。

表情がコロコロ変わってかわいい。
特徴が少し強いですが、むしろそれが好きです。

予約はどこでしようかなぁ……。

※このページでは えにしそふと さんの著作素材を引用しています。
COPYRIGHT 2017 ENISHI SOFT ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA