近況-20170528 えくすとら!

※この記事は、長文かつ非常に個人的な内容、思想を含むものになっております。
※思ったことをべらべらと書き散らすだけになっておりますゆえ、
いつも以上に有益な情報、ございません。期待なさらないよう。

近況として、「あなたに恋する恋愛ルセット」終わってません。
てか、土日だけじゃ、終わりませんし、
このゲーム、読み飛ばしながら進めても、あんま楽しめないというか、
そもそもの趣旨が、
「変なシリアスシーンなしで安心して(精神的な意味で)楽しめるイチャラブもの」
であるため、ゆっくりやんないとこの作品の魅力なんだっけって感じなので、
来週の土日で終わらせる所存であります。

大学生のころは、アホウ(法)学部のヒマ人だったので、
シナリオゲーゆっくりやれて楽しかった。
自分にとって一番エロゲ熱が高かった時期は、
2011年~2013年ごろだった気がする。

ゆずソフトはのーぶるわーくすが面白くて、ドラクリオットで爆発して、
恋騎士の藤守由宇がめちゃくちゃかわいい妹キャラで、
そに子が出たころで、
みんながグリザイアに夢中になったりした、あのころ。

結局、その人がエロゲに一番熱中できる、楽しめる時期って、
「人生の中で一番時間が取れるとき」なんじゃないかなぁ、と思う。
テキストが中心になる娯楽って、
どうしても時間がかかるものになってしまうから、
時間がないと飛び飛びになってその物語に入り込みずらくなるんだよね。
特に時間のない社会人は、
「昔はシナリオゲーやってたけど、今じゃ低価格のヌキゲーばっかやるようになった」なんて珍しくないはず。

実際、自分の場合も、
「イブニクル、超面白かったけど、全クリまで6か月かかったわい」
みたいな。
エウシュリーとか、アリスソフト系、めちゃくちゃ面白いけど、
それやり始めると、他が出来んってね。

じゃあ社会人の場合どう時間をつくるかっていうと、
①毎日定時ぐらいで帰られて、課題や勉強もあまり求められない仕事をするか、
②仕事辞めるか、
③仕事2~3年めっちゃがんばって節約して、
1年ぐらいは働かないでも過ごせるまでの貯金を蓄え、
時間をつくって、一気にエロゲやるか、
ぐらいかなと。

これからどんどん低賃金になっていって、
それでもスキルは今以上に求められて、
かつ労働時間も増えるであろう厳しい世の中で、
③あたりが現実的なところかなと、思う。

1年あればある程度自分の趣味に集中して取り組めるのでは?
というか、1年って、休み過ぎず、働き過ぎないいい感じの期間単位だと思う。
2~3年の間で、150万円~200万円貯めて、
1年間は自分のやりたいことだけやる、とか。

そういった点からすれば、
社会人って、自分のがんばり次第で、
時間を買えるんだなぁと、そういう特権もあるのだなぁと思う。
超極端なこというと、
より多く稼げば、その分働かなくていい時間が増えるわけだし。

みたいな。
てか、会社勤めしている限り、
時間がないってのは割と一生つきまとうのではないかと思う。
だからどっかで区切りつけないとしんどい。
社会人4年か5年目くらいなので、
いろいろと自分の生き方に迷う、迷う時期、なのですよ。

そして親には結婚をほのめかされる年齢なのですよ。
正直、自分にはやりたいことがまだありすぎて、
「うるせぇ。仕事とか結婚とかしている場合じゃねぇ」って感じすらある。
時間も、お金もすべて自分のために使いたいし、
とにかくやりたいことやらせてくれっていつも思っていて、
世間でいう「立派な大人」にはなれなかった感があるわたしである。

たぶんそういう思いはこれからもずっと続くだろうな、と思っている。
こういうのを「自分勝手」って言うんかいな? わかんないや。

はい、湿っぽい話はいったん、終わり。

いつもブログを見ていただいている方、
ありがとうございます。

こう言っておきながら、正直、何人の人がこのブログ見てくれてるのか、
わからないんだよね。
いちおうアクセス解析のソフトを入れていて、
なんか4、5人ぐらいは定期的に見てくれてるっぽい感じがあるんだけど、
推測でしかないし、わからん。

「みんな見てないだろうし、もう書くのやめよっかなー」とか、
思ってた時期があったんだけど、
「見てますよー」ってコメントくれた方がいて、
そのおかげで定期的に見てる人がいることにはじめて気づいて、
今も続けられております。
ありがとうございます。

アフィリエイトのリンクはってたころは、どれくらいコンバージョンしたかで
見ている人の反応がわかりやすかったけど、今はそれがないので、
結構見ている人がいるのか不安になったりするのですよ。

なので定期的に見ている人は、ツイッターとかでいいので、
「見てるぞ」とか「おまえを、見ているぞ」
だけでもいいのでいただけたら、めっちゃうれしいです。
でも、ちょっと怖いので、もうちょっとやわらかい言い方だともっと嬉しいです。
このブログにコメントするの、メアド入れたりめんどいだろうし(スパム対策です)

まあ、とくにコメントなくても、
頻度は落ちても続けるつもりではありますが。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA