「少女マイノリティ-慰めの愛-」感想!

ミドルプライス作品。

シナリオはミドルプライスの中でも比較的短い方だと思う。

ただ、エッチシーンが充実していて早い段階で見られる。
全部で21シーン。どれも半端なくエロい。
あんま彩色のことはわかんないけど、塗りがいい、塗りがエロいってやつだと思う。

雰囲気は暗めだけど、
胸くそ悪い感じのシーンはなかった。
ダークな雰囲気を残しながらもそこらへんのバランスが絶妙だと感じた。

シナリオは、全3ルート。
結ルートと綾子ルートはラストの唐突さにビビった。
時系列や話の構成上おかしいわけではないが、
唐突すぎておいおいおいってなる展開。

ここら辺はメインの凪咲ルートで回収……と言っていいかわからないが、
一応オチはつく。かなり終わりはあっさりしているが……。

恐らくこの作品はここの部分で良作かどうかの意見が分かれる。
いい意味では後にひかずストレートでシンプルな終わり方。

自分は極力シナリオやメッセージ(作品の一番大事な部分)は
シンプルなものが好きなので問題なかったけど、
この終わり方では物足りなさを感じたり、もう少し後日談とか丁寧にやってほしいと
思う人もいるだろうなぁといった印象。

三角関係モノですが、
思った以上にドロドロの関係になっていない印象。
シビアな目線の人は、
「いやいや、こんなことが起こったのにヒロインたちあっさりし過ぎでは?」
と感じるかもしれない。

これは私の推測に過ぎないですが、ヒロイン目線での心の葛藤や、
心の動きについて描写が少なかったからかなと。
ほんとにシナリオ上必要な部分だけ書きました的な。
いや、ほんとOP入る前からこれですからね。

4-min

エッチシーンは凄いエロい。文句なし。
全部のシーン回想見直すぐらい、どのシーンもエロかった。
マニアックなプレイではないシーンでも、
ここまでエロくできるのかってぐらい。

短くてシンプル、サクッとできてとてつもなくえっちいので、
特に時間の取れないサラリーマンにオススメの作品です。

※このページでは MORE さんの著作素材を引用しています。
(c) MORE All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA